• ホーム
  • このサイトについて
  • ブレイキングニュース
  • ヘッドラインニュース
  • 仕事ブログ
  • コラム
  • ベストカンパニー
  • ガクワリ!!

ホーム就職ブレイキングニュース > 【1・2・3年生対象】本当に資格は就活に役立つのか?!内定者・社会人10人に聞いた!

スクープ

RSSを登録する

【1・2・3年生対象】本当に資格は就活に役立つのか?!内定者・社会人10人に聞いた!

戦コンエッグ

就活を迎えるにあたり、一度は考えたことがありませんか?

 

・資格って就活に役立つのか?

 

・どんな資格が就活に有利か?・この資格って役立つの?

 

…などなど。

 

 

そこで、今回は就活生35人にアンケートを実施し、『就活をする前に取っておきたい資格』を調査しました!

 

アンケート対象の35人は、商社、コンサル、金融を志望業界としています。

 

そして、各業界の内定者5人、社会人5人に、実際にその資格は就活に役立つのかを聞いてきました!

 

◆就活生35人に聞いた!就活をする前に取っておきたい資格ランキング!

 

1位35人  TOEIC

2位30人  日商簿記

3位14人  システムアドミニストレーター

4位12人  実用英語能力検定

5位11人 日本漢字能力検定

5位11人 ファイナンシャルプランナー

 

やはり1位は、定番のTOEICですね。就活生は、とにかくTOEICのスコアを上げるために頑張っているようです。何点とれば、履歴書に書けるかも聞いたところ、大体650点を超えれば、みなさん履歴書に書いているようです。

 

2位も定番の簿記ですね。2級までは、独学で取得できると考えている方が多いようです。予備校にわざわざ通っている熱心な方もいるようで、簿記の人気ぶりがうかがえます。

 

3位も有名ですね。通称”シスアド”です。近年、学生に対してパソコンスキルを求める企業が多いせいか、それを証明できるシスアドに人気が集まっています。コツコツ勉強すれば、独学でも取得が可能なようです。理科系の就活生に人気なようです。

 

4位は英検でした。準1級を目指している就活生が多いようです。中には、「TOEICがあれば英検は必要ない」という声もありました。

 

5位は漢検でした。これも準1級を目指している就活生が多いようです。「『国家の品格』がベストセラーになってから、日本語能力を重視する企業が多くなったと先輩に聞いたから」という怪しい理由もありました笑。

 

もう一つの5位は通称”FP”でした。これは、圧倒的に金融志望の就活生から人気がありました。経済学部の学生の中には、「大学の授業の勉強で取得も出来てしまう」という声がありました。他、10人未満の票を集めた資格には、中小企業診断士3人、証券アナリスト3人、MBA2人、BATIC1人がありました。

 

 

以上、ランキングを見ていただきましたが、これらは、全て「就活生が考える『就活をする前に取っておきたい資格』」です。

 

では、実際は、どうなのでしょうか?

これらの資格は、就活に役立つのでしょうか?

 

以下、各業界の内定者5人、社会人5人によるコメントをお読みください!

 

◆TOEIC

商社「今の時代英語ができる人はたくさんいる。900点はなきゃ意味がない」

商社「うちの会社は650点あれば、英語筆記が免除だった」

コンサル「別にTOEICは必要条件じゃない」

コンサル「内定を取るためだけなら、無理して受ける必要はない」

コンサル「外資系を受けるなら、900点以上は欲しい」

金融「TOEICよりも、筆記や面接対策をしっかりした方がいい」

金融「外資系の投資銀行なら、英語は勉強しておいた方がいい」

金融「TOEICよりも、英会話が出来る方が重要」

 

◆日商簿記

大多数「あればいいけど、なくてもいい」

コンサル「2級を持っていたって、そこまで意味はない」

金融「取るなら2級以上だよね」

金融「1級を持っていれば注目に値するが、費用対効果が悪くないか」

金融「入社してから勉強すれば十分」

 

◆システムアドミニストレーター

商社「いらないでしょ」コンサル「あればパソコンを使える証明にはなるが、必要ではない」

金融「システム系の仕事もしたいなら有効だと思う」

 

◆実用英語能力検定

全員「英語勉強するなら、英検よりもTOEIC」

 

◆日本漢字能力検定

大多数「うちの業界には大して必要ない」

商社「1級ぐらい持ってたら、面接で話のネタになるんでは笑?」

 

◆ファイナンシャルプランナー

大多数「どうでもいい」

金融「保険業界に行きたいなら、良い勉強になるのでは」

金融「持ってるか持ってないかは、別にして、資格の勉強内容は役立つ」

 

◆資格全般について

「資格はあくまでアピールポイントの1つに過ぎない」

「資格だけで内定は取れない」

「弁護士や公認会計士なら、ともかく、他の資格で周りと差別化しようとしても難しい」「スキルより、自分がどんな人間かを明確にアピールする方が大事」

「資格より筆記試験で落とされないように勉強した方がよい」

「資格にこだわらないこと」

「利き酒検定とかの方が面接でネタになって面白い笑」

 

さて、どうでしょうか?あなたが「資格」に対して抱いていたイメージは、内定者や社会人の意見と合っていましたか?

かくいう私も、資格は何も持っていません。

強いて言うなら、英検3級ぐらいでしょうか笑。

それでも、戦略外資系コンサルに内定しました。

資格は、必ずしも必要とは限らないと思います。

資格はいわゆる武器の1つにしか過ぎません。

もっと、大事な自分だけの武器を探してみてください。

それは、「根性」「笑顔」「親しみやすさ」など、何でもよいと思います。

誰にも負けない武器を見つけて、第1志望の内定をゲットしましょう!

決して、資格で溺れないで下さいね!

 

 

企業研究の方法 面接の勘違いを防げ!

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。
この記事に対するTrackBackのURL:

ソーシャルブックマーク

PAGETOP
記事投稿はこちら!

PR

新着コメント

2012年05月24日 20時44分
面接に行く途中、同じ会社の面接に向か…
グループディスカッションで自分の大学名を名乗りますか?
2012年02月02日 19時51分
高い年収は憧れます。
平均年収の高い企業ランキング
2012年02月02日 19時48分
勉強になりました。 ついかっこいいキ…
【ES対策】エントリーシートに書いてはいけない5つのキーワード
2010年02月26日 12時31分
>>匿名さん コメントありがとう…
不採用の理由がわからないワケ
2010年02月24日 15時33分
まさに的確な記事だと思います。 さら…
不採用の理由がわからないワケ

イチオシ特集